關原紫光『人の形は神の形』展

開催期間 : 2016年10月13日(木)〜10月22日(土)
会   場 : 大阪ヴァグリエ本店スロースペース 大阪市西区北堀江1-7-4 四ツ橋永八ビル2F
営業時間 : 11:00〜19:00 (最終日は17時まで)
休 館 日 : 会期中無休
観 覧 料 : 入場無料

公式ウェブサイト : VAGRIE ヴァグリエ

 京人形作家として独自の創作を続ける關原紫光。
 京人形師として第一人者であった關原紫水の娘として、幼い頃から人形づくりを間近で見るなかでその技を受け継ぎ、京人形を芸術の域にまで高めることを志しました。
 通常の京人形は、一体の完成までに着付、髪付、頭、手足、小道具等それぞれの工程を分業で制作しますが、紫光はその殆どを自ら手がけ、さらに独自の髪結や衣装製作により魂を吹き込んで、「關原人形」とも呼ぶべき京人形を完成させました。
 その作品は、日本の美と精神性の調和を示すものとして、フランス、オーストリア、イタリア、中国など海外での展示会においても高く評価されており、わが国を代表する人形作家です。
 本展では「人の形は神の形」という、日本文化の原点とも言える神話をテーマに、關原紫光が初めて男性の人形に挑戦した「神武天皇」の新作に加え、石清水八幡宮への奉納の「応神天皇」「神功皇后」の新作、稲盛倫理賞の副賞に採用された「祝賀」など、約15体の京人形を展覧いたします。

画像・フライヤー引用元:VAGRIE ヴァグリエ公式ウェブサイト

<戻る>