平等院ミュージアム鳳翔館・新春特別展
『宇治茶ブランドの形成―茶師から茶商へ!平等院にまつわる茶史の秘密―』

会期:平成30年1月13日(土)〜平成30年3月29日(木)
会期中無休
時間:午前9:00〜午後5:00
料金:大人600円、中高生400円、小学生300円(平等院拝観料が必要)
公式ウェブサイト : 平等院

 茶文化の価値を再発見することを目的とした「お茶の京都博」の最後を締めくくるべく平等院ミュージアム鳳翔館では宇治茶ブランドの秘密にまつわる展覧会を開催いたします。
 茶師と茶商の協力によって、数度の大火や明治維新などの苦難を乗り越え、現在の宇治茶ブランドの礎が完成しました。
 本展では、平等院にゆかりのある茶師を取り上げるだけでなく、近代化を目指す明治新政府によって海外向けの日本茶作りが国の政策として奨励された時代に、日本茶の王道として時流に流されることなく宇治茶の品質向上をひたすら目指し、本物にこだわって奔走した茶師や茶商たちの事跡を探り、平等院所蔵資料だけでなく地元に伝えられた宇治茶関連資料を紐解き一堂に展観いたします。
 茶業界にとって大きな転換期となった明治維新からちょうど150年目の本年、普段から当たり前のように飲んでいるお茶の魅力と宇治茶の素晴らしさをあらためて感じ取っていただけたら幸いです。
 


<戻る>