第29回総会 開催情報
開催日程
2017年6月24日(土)
会   場
浅草文化観光センター 5F大会議室

・ 会場周辺地図 (チェック印の場所が会場となります)
総会参加費
会員 及び その同伴者
1,000円
学生会員
500円
一般 (非会員)
1,200円
学生(非会員)
500円
※ 参加費には要旨集・資料代を含みます
懇親会参加費
・ 5,000円
参加申込方法
・ 一般(学生含む)で参加をご希望の方は、下記リンクよりメールにて、
 1.氏名
 2.ご住所
 3.ご連絡先
 を明記の上、申し込みください。参加費のお振込先について、改めてご連絡致します。
・ 参加申し込み締め切り:2017年6月10日
参 加 申 込
申し込みメールを送る 受付は終了しました。
総大会プログラム
(新しいウィンドウ、タブが開きます)
PDFファイルをダウンロードする
ご 注 意
・ 懇親会参加費のお振込後の返金は出来かねます。予めご了承ください。
・ 遠方よりご参加いただく場合、宿泊先等の手配は参加者様各自でお手続きください。



プログラム
2017年6月24日(土)
於 浅草文化観光センター 5F大会議室
10:30〜12:00 
 任意団体 日本人形玩具学会 解散総会
 一般社団法人 日本人形玩具学会 設立総会

12:00〜13:00 昼食(会場内での飲食不可のため、少人数に分かれ周辺店舗にてお済ませ下さい)

13:00〜17:55 研究発表会

記念講演

「年中行事と人形玩具 ― 縁起かつぎと厄払い ― 」
新谷尚紀 先生(國學院大學教授、民俗学)

研究発表

「岩槻人形協同組合と文京学院大学の協同」
川越仁恵 (文京学院大学経営学部准教授)
「戦後人形劇のテレビ進出とその意義
『テレビ天助』から『ねほりんぱほりん』まで」
菊地浩平 (早稲田大学 非常勤講師)
「よみがえる大名屋敷 ウィーン万博と武蔵屋」
萬場正行 氏(浅草武蔵屋子孫・非会員)
「日本における人形の文化的役割―1920−1940年代の少年赤十字の国際交流を中心に―」
ベレジコワ タチアナ 大阪大学言語文化研究科 日本語日本文化専攻 博士後期課程2年)
「デジタルゲームにみる人形玩具的表現」
堺 文男 (駿河台大学文化情報学研究所 特別研究員)
「19世紀フランスの少女教育における人形 ― 室内空間を中心に」
谷口奈々恵 (東京大学大学院 修士課程)

18:30〜 懇親会(「アサクサ ミハラシ カフェ」(浅草文化観光センター8F))
立食パーティー式の懇親会です。お気軽にご参加下さい(イスもあります)。