第30回研究大会 開催情報
テーマ
人形・玩具を守り伝える
人形や玩具を文化財として収集し保存するだけではなく、その保存状態に配慮しながら活用していくことの意義について理解を深める。
開催日程
2018年7月8日(日)
会   場
京都国立博物館 講堂
(〒605-0931 京都市東山区茶屋町527)

・ 会場周辺地図 
大会参加費
会員 及び 非会員
1,000円
学生会員 及び 非会員学生
500円
※京都国立博物館観覧料(一般520円、大学生260円)が必要
※高校生以下、満70歳以上の方は観覧料無料(年齢のわかるものの提示が必要です)
懇親会参加費
・一般 5,000円
・学生 3,000円



プログラム
2018年7月8日(日)
於 京都国立博物館 講堂
11:00〜 開会 
開会あいさつ
日本人形玩具学会 理事

基調講演

株式会社千總社長 仲田保司氏(非会員)

12:30〜13:00 昼食休憩(博物館内で各自)

14:00〜 研究発表

2名公募予定

山川暁(京都国立博物館)
幡鎌真理(天理大学附属天理参考館)

15:20〜 シンポジウム

「人形・玩具を守り伝える」
山川暁(京都国立博物館)
幡鎌真理(天理大学附属天理参考館)
岡本彰夫(奈良県立大学客員教授)
田中正流(平等院ミュージアム鳳翔館)

17:00〜 懇親会(「ザ・ミューゼス」(京都国立博物館内))