日本人形玩具学会会則
第一条 この会は日本人形玩具学会と称する。
(英語表記 The Japan International Doll and Toy Research Association, 略称 JIDTRA
第二条 その本部は東京都に置き、必要に応じて地方支部を設ける。
第三条 この会は、人形・玩具、およびこれに関連する領域の諸問題を研究し、「人形玩具学」の確立とは点をはかることを目的とする。
第四条 この会は前条の目的を達成するために、つぎの事業をおこなう。
1. 総会の開催
2. 研究発表および研究促進のための会合の開催
3. 学会誌、学会報の発行
4. その他、目的を達成するに必要な事業(見学会など) 
第五条 この会の会員は次の通りとする。
1. 正会員 会の目的に賛同し、所定の会費を納める個人または団体。(会費年額10000円)
2. 学生会員 大学院・大学、短期大学、またはそれに準ずる学校に在学するもので、会の目的に賛同し、所定の会費を納める個人。(会費年額5000円)
3. 賛助会員 この会の目的および事業に賛同し、所定の会費を納める個人または団体。(会費年額1口30000円以上)
4.名誉会員 会に対する貢献度が高く、委員会の決議によって推挙された個人。(会費納入の義務を負わない)
5. 海外会友 会の目的に賛同する海外に在住する個人または団体。
第六条 会員は総会に出席し意見を述べることができる。また、この会主催の諸種の行事に参加し、学会誌、学会報の配布をうけることができる。
第七条 正会員は総会における議決権を持つ。
第八条 この会の会員になろうとするものは、会費を添えて入会申込書を提出し、委員会の承認を得る。
第九条 会員で退会しようとするものは退会届を提出する。
第十条 会員で、
1. この会の名誉を著しく傷つける行為のあったものは、委員会の審議によりこれを除名することができる。
2. 2年間、会費納入の義務を履行しないものは退会したものとみなす。
第十一条 この会には次の役員を置く
1. 委員 若干名
2. 運営委員 若干名
3. 顧問 若干名
4. 幹事 若干名
5. 監査 2名
第十二条 委員は委員会を構成し、運営委員を選出する。運営委員は会の諸事業を運営する。顧問はこの会の運営上重要な事項について諮問にあづかる。幹事は運営の実務にあたる。監査はこの会の資産および会計を監査する。
第十三条 委員は正会員の互選によりこれを選出する。その選出法は別に定める。委員の互選によって代表委員1名、必要に応じて副代表委員を置く。顧問は会員中より委員会の決議をもってこれを推挙する。幹事および監査は委員会がこれを委嘱する。
第十四条 役員の任期は2年と再選を妨げない。
第十五条 この会の会議には、総会と委員会がある。
1. 総会は年1回開き、正会員の4分の1以上の参加(委任状を含む)により成立する。また、正会員の4分の1以上あるいは委員会の要求により臨時に開催することができる。
2. 委員会の開催とその運営については別に細則を設ける
第十六条 この会の会計は会費その他の諸収入による。
第十七条 この会の会計年度は4月1日より翌年3月31日までとし、会計報告は総会において行う。
第十八条 この会則は総会の議決によって変更することができる。
付則 (1) この会の事務所は当分のあいだ、吉徳資料室内に置く。
(2) この会則は設立総会の日より施行される。
(3) この会の郵便局・銀行口座の名義人・住所は当該年度の会計担当者の氏名・住所とする。
 制定施行 1989年6月 9日
 一部改正 1994年6月18日
 一部改正 1995年6月17日
 一部改正 1996年6月15日
 一部改正 1998年7月 4日
 一部改正 2000年9月16日
 一部改正 2003年5月17日
 一部改正 2008年6月14日
 一部改正 2010年6月 5日